エカテリンブルク

 

ロシア・エカテリンブルクに来ている。

今年3度目の、「ラ・フォル・ジュルネ」への参加だ。

 

初ロシア!

未知なる国へ足を踏み入れる時はいつも、ドキドキワクワクである。

みんな背が高いのか?夏とはいえやっぱ寒いのか?毎日ボルシチを食べ、アルコールはウォッカなのか?

行く前に描く陳腐なイメージは、だいたい裏切られる。

今回もまたしかり。

 

ロシアというと「北国」「雪国」のイメージが強いが、ここエカテリンブルクは「中央アジア」と言った方がしっくりくる。

日差しが強く、晴れてるとしっかり暑い。カラリとした気候で、やや埃っぽい。

背の高い北欧系の人もいれば、小柄なアジア系の顔立ちの人も多い。

食事はあまり期待していなかったが、これまで口にしたものは塩分高めだけどどれも美味しい。

ビール国産含め多種ある。安い。

物価は安め。これは現地の通貨・ルーブルの価値が下がっているということらしく、地元の人は決して「安い」とは感じてないようだ。

 

というわけで「のけぞるほどの異国感」はないが、街を歩けば異国情緒・ミステリアス感は十分感じられる。

社会主義時代の名残か、建造物は立派で面白い作りのものが多い。

 

駅舎

 

ロシア最後の皇帝が滅ぼされた地に2003年新設された「血の上の大聖堂」(ホテルの部屋より)

 

年季の入った集合住宅?

 

新旧車種多様な車が行き交う。

 

お役所系の人たちやホテル・会館の職員が「怖そう」というイメージがあったが、みんな人当たりが良く陽気に話しかけてくれる。まったくわからないが(笑)。

 

総じて「すこぶる心地よい」滞在である。

 

 

本日滞在3日目。昨日リハーサルをし、いよいよこれから3日間4公演の始まりである。

どんな反応が返ってくるか、やはりドキドキワクワクだ。

今回は師匠と風雲田代・そして自分の3名という小編成。転換含め、濃密で慌ただしい45分ステージだ。

まずは4時間後の第1回ステージ、気合い入れていこう!

 

(昨夕、ロシアンマックで英気を養う田代と舞台監督ら)

 

 


大琉球神楽!

 

遅ればせながら、沖縄のご報告をば。

 

 

那覇市、奥武山(おおのやま)総合運動公園内にある神社・沖宮(おきのぐう)を中心に運営されたイベント「第一回 奥武山大琉球神楽 − 和恩」にチーム英哲で出演してきた。

 

このイベント、昨年までは屋外で「琉球の宴」という名で15回開催されてきたのだが、今年から装いを新たに、武道館アリーナで行われた。

 

かなり大掛かりな舞台。出演者は総勢なんと250名以上!

熊野の幽玄な神舞から始まり、沖縄民謡から琉球ロック、太鼓と多種多様な音楽と、各種ダンス、エイサー、旗頭、抜刀、書などのパフォーマンスが、一つの大きなストーリーの中で展開される。

 

(写真は高校生のパフォーマンスのリハ)

 

師匠はメインゲスト=平和の使者。出番が多く段取りが大変だったが、バッチリと勤めあげておられた。

 

我々風雲も幾つかのシーンに登場。

師匠作品「道を行く人」とベリーダンスの共演は、なんとも妖しく神々しい、新機軸が生まれた(笑)。

沖縄の太鼓チーム4団体と英哲組による、約60名での「千の海響」合同演奏。自分は2度のワークショップを任され、このシーンの構成と演出にも関わっていたので、成功の嬉しさもひとしおだった。

(打ち上げにて、地元チームの取りまとめをしてくれていた新垣さんと)

 

エンディングの「太鼓打つ子ら」では初のメロディ楽器伴奏(グロッケン)を担当。リハまでは間違えずに音を追うことに精一杯だったが、2度の本番では自分なりに魂を込めて音を紡ぎだせたと思う。

 

沖縄の「チャンプルー文化」の真骨頂的なステージであったが、全体を通してしっかりと一本軸の通った構成は素晴らしかった。特に演出とディレクションを一手に引き受けていた安田辰也さんの力量と人柄のなせる業であったと思う。

 

楽しみながら無心に音と技を繰り出す。客席との一体感。まさに「現代の神楽」が生まれた瞬間だったと思う。

「平和の使者」としての師匠の締めのあいさつには、グッときた。

 

 

神戸の木村優一氏のひさびさの参戦ということもあり夜更けまで打ち上げした翌日、帰路につく最後の最後で、送迎してくれていた車のタイヤがパンクし飛行機搭乗が間一髪ギリギリセーフというハプニングに見舞われたが、非常に有意義な沖縄滞在だった。

関係各位、本当にお世話になりました。ありがとうございました!

 

(沖縄流 締めのステーキということで、深夜のステーキハウスへ)

 

というわけでもう7月。

明日は静岡市のコンサートホール「AOI」での演奏、5日からはロシア〜金沢と旅が続く。

どんな出会いとハプニングが待っているか、楽しみ!!

 

 

しっかし梅雨明けの沖縄、暑かった〜!

 

 

(戻り日の朝、連れて行っていただいた糸満の平和記念公園。この直後に車のパンク発覚)

 

 


手応え

 

先日のソロライブ。

たくさんのお客様がお越しくださり、感謝。

日曜の昼公演というのが、よかったのかな。和やかな空気感がとても心地よかった。

 

演奏内容は…

 

「力まずに」という自分に課した掟は1曲目からあれよあれよとやぶられ(笑)、「ぅわたたたあぁっ!!」と首に青筋立てての演奏健在。。。

まだまだ「落ち着いて、曲の表現を楽しむ」領域には届かなかったが、段取りを追うことより、その場にそのとき生まれる「おと」を紡ぎ出す作業に重きを置く演奏はできたと思う。

休憩挟んでの後半は、良い感じに力を抜いて、心に余裕を持った状態で演奏ができた、かな。

 

宮太鼓1基のみの表現にこだわった新曲たちもなかなか良い評判だったようで、手応えを感じることができた。

 

いわゆるメロディ旋律を生まない、さらに「スタンダード」的楽曲も存在しない太鼓でソロ公演をやる。

これは自分にとって、現時点ではまだ相当な覚悟を持ってして臨む、ある種「武者修行」的行為である。

準備も大変だし、フィジカル・メンタル両面ともに負担が大きい(一人なのでコストは安いが 笑)。

だがその分、やることで得るものは非常に大きい。お金じゃなく、実感として。

叶うことなら、やはり定期的に行っていきたいと思う。

 

お客さんが望んでくれるなら、というのが大前提ですがね。ハハハ。

 

 

さて、一息つくまもなく学校公演、本日からの沖縄、地元幼稚園でのミニライブ、静岡での企業式典出演と本番が続いている。

しっかり栄養とって、励みましょう!

ちばりよー、ミキタ!!

 

 


目の保養

いよいよソロライブ間近。
ソロライブとなるとたいてい、緊張と焦りでしっちゃかめっちゃかの精神状態になってしまうのだが、今回はわりと落ち着いて一曲一曲を楽しめそうだ。
仕上がりも上々。梅雨真っ最中だが、楽器のコンディションもかなり良い。
日曜日、お楽しみに。

さて、スケジュールを確認してみたら、「1日オフ」というのが少なくとも7/20過ぎまではないということが判明。トホホ。
忙しいのはありがたいことなのだが。
そんな中先日「午前中だけ休み!」ということにして、リフレッシュお出かけ。

いま三島市内で人気の観光スポット・日本一の吊り橋がある「みしまskywalk」
を通り越して…

昔からの景観地「山中城跡」へ。
お城と言っても天守閣やいかつい建物はない。
ここは小田原城主の北条氏が、西から箱根越えして領内に侵入する敵を迎え撃つために構えた山城。
だが豊臣氏の17倍の軍勢(7万)に囲まれてわずか半日で落城したという、残念な城だ。



現在は過去の戦乱の面影はなく、一面が芝と緑で覆われたとても気持ちの良い公園となっている。
箱根の中腹(標高500m以上)なので涼しく、人も少ないのでゆったりと散策できる。


写真はこの城の特徴でもある畝堀・障子堀と言われるものだが、なんだか宮崎アニメの世界に紛れ込んでしまったかのようだ。

わずか2時間足らずであったが、良い空気をいっぱい吸って、目の保養になった。
山中城跡、オススメですぞ。





 

西伊豆へ

昨日は西伊豆へ。

西伊豆町の中学校2校合同での、学校公演。

朝9時に三島で篠笛の朱鷺たたらさんと合流し、車で1時間半。西伊豆は鉄道がないので、ちょっとした秘境に向かう気分。
でも伊豆中央道、縦貫道などの整備で、以前よりはぐっと近くなった気がする。

山間をぬけるときは外気はひんやりとしていたが、海岸沿いに出ると初夏の陽気。あつい。
そろそろプール学習が始まるのだろうか、きれいな水で満たされていた。


前半はいわゆる『芸術鑑賞会』的な内容。
たたらさんとの学校公演は初めてだったが、滞りなく和やかなムードで進行。よく響く体育館での演奏は心地よかった(写真は本番前)。



今回は『進路講話』的な「お話」も頼まれてしまい、後半は一人で苦手なしゃべり。
こんな立派な垂れ幕?まで用意されていた。
(ハズカシ〜。演題もっとちゃんと考えれば良かった。。。)


今に至る経緯、仕事の内容、楽しいことしんどいことなど、かなりしっかり用意して行ったつもりだったのだが、トータルでなんだかまとまりのない話になってしまった。ゴメンナサイ。

それでも生徒さんたちは午後の眠気に耐えながら、しっかりとこちらに顔を向け、演奏に話に耳を傾けてくれた。
どうもありがとう。
演奏・お話通してどこか一部でも、心に響いてくれる部分があったら良いが…。

帰りに「イルカのタレ」という珍味を買って、帰りましたとさ。
ちゃんちゃん♪

地元コンサート決定!!

お知らせです。

在住地・静岡県裾野市でのコンサートが決定しました。

実は静岡県での「はせみきた」としてのフルコンサートは、今回が初となります。
裾野市の文化発信の拠点「裾野市民文化センター」と、県内でのようそろの公演でいつもお世話になっている「イーストン」との共同主催。
「富士山世界遺産登録3周年記念」という冠付きで、ゲストにおなじみの山田路子(篠笛・能管)と、地元の実力派太鼓チーム「五竜太鼓保存会」が友情出演してくれることとなり、地元ならではの今回限りのスペシャルプログラムでお送りする予定。

会場の「裾野市民文化センター」は、実は東京からのアクセスも良好。
車でなら「東名裾野インター」降りて10分ほど、東京(または新宿)発の高速バスの停留所が目の前にあり、コンサート鑑賞だけならバスが断然ラクでお得。
 → 富士急高速バス 沼津三島方面
新幹線の最寄駅「三島」で降りて静岡県東部の観光を楽しむのもアリ(後日お勧めスポットを紹介しましょうか)。

いずれにせよ、以外と近い静岡県裾野市での公演。
6月18日、チケット一般発売開始です。
皆様のご来場を、心よりお待ちしてます!
 詳細は → はせみきたホームページ



今月の、サラヴァ東京ソロライブもまだまだ絶賛ご予約受付中ですよ〜。
(新曲だらけで、脳ミソどろどろ〜 笑)
 

5月後半を振り返る

あらもう6月。
忙しい時というのはブログのネタはたくさんあるのになかなか手につかず…反省。。。

「小泉謙一 〜 一夜限りの全員集合ライブ」は、すごい盛り上がり様だった。会場いっぱいのお客様も大変喜んでいただいてた模様。
なにより出演者全員が心から楽しみ、小泉氏のレコ発、そして新たなステップへの出発を祝福しようという気持ちで満ちていた。
打ち上げの時の皆の晴れ晴れとした表情(かお)!

このライブ、一夜限りじゃもったいない!主催のズミ氏は大変だと思いますが…ぜひまたやりたいっす‼


興奮冷めやらぬまま翌日、単身沖縄へ。
6月26日に行われる「奥武山 大琉球神楽」というイベントに英哲&風雲の会として出演する、前準備のためのショートトリップ。
このイベントでは、沖縄の太鼓チーム4団体と英哲曲「千の海響」を共演する。今回の訪問はその指導の2回目。

参加者の皆さんすごく熱心で、ただ曲を一緒に演奏するというレベルを超えて、この日この場所でしかできない「千の海響」を共に創り上げようという意識が生まれている。当初の目標より1ランクバージョンアップした内容に挑戦してもらっている。本番が楽しみだ。
指導後帰路につく前に、このイベントの運営を中心的になさっている「沖宮(おきのぐう)」さんを訪問。ちょうど梅雨入りし、じっとりした天気だったが、宮内の高台に登ると、開けた視界と爽やかな風に包まれた。ここ、巷で有名なパワースポットだそうな。



そしてそして、これまた待ち望んでいた舞台、NBAバレエ団公演。
「刺激の豪雨」のような毎日だった。

さすが世界中に浸透し受け継がれ、進化し続けている「バレエ」。
訓練メソッドも、取り組む人達のポテンシャル・意識も、テクニカルスタッフも、運営組織も、ハイレベルだ。
風雲の会は「ケルツ」という作品の中で男性ダンサーたちと共演。緊張感と気合い、生だからこそ生まれる興奮に満ちたシーンとなったのでは。
ピアノ・新垣さんと師匠音楽の新作「死と乙女」は、最高にカッコよかった。シビれた。
最終の日曜の夜公演は、伝説に残る舞台となったと言えるのでは(笑)。
国内でも海外でも、この作品をやる機会ができたらいいなと、思う。

NBA団、本当にステキでした。またぜひ一緒に舞台をやりたい!

(NBAは、写真もシゲキ的なので掲載しません、てのは冗談だがまともに撮ったのが無くて…残念)

 

いよいよ明日!そして始まる繁忙期

明日は小泉謙一氏のレコ発ライブ@吉祥寺スターパインズカフェ。
なななんと!前売り完売だそうだ。「チケット完売」ああ〜なんて甘美な響き♡って俺のライブじゃないけど(笑)。
しかし本当に楽しみなライブだ。コイズミ祭り、みんなで盛り上げまっせ!!


さて、今週あたりからとりあえず7月末くらいまで、かなりみっちり忙しい日々となる。
いつもなんちゃって忙しいフリをして実は大したことないのだけれど(笑)、これからしばらくは本当に詰まっている。
一生のうちに三度はあるという「モテ期」のお仕事バージョンだろうか。またとない機会かもしれないので、ぶっ倒れるまで全力で取り組み、楽しもうと思っている。


次回の自主企画ライブは来月、6/19のサラヴァ東京でのソロ。
これに向けて、作品作りの真っ最中である。

今回演奏予定の8曲中、5曲が新作。
8割方出来上がってきた。
俺には珍しく、ほぼアドリブなしの完全書き下ろしの曲もある。
(かたや正反対にほぼ全編即興!というのもある 笑)
これからみっちり稽古をして、完成度を上げていかねば。


今日は明日に備えて早く寝よう。

 

充実GWからの「証」リハ

今日は朝からえらい荒れ模様で。
教室〜打ち合わせ〜教室と長ーい1日、気持ちは明るく前向きに、張り切っていきましょう!


さて、昨日は来週末に迫った「小泉謙一 一夜限りの全員集合LIVE」のリハで、横浜へ。
小泉謙一、小泉ケンジこと拙者、そして小泉ケンゾーこと上杉美穂さんによる、太鼓隊のリハ。
美穂さんとは対バンで一緒になったことはあるが、共演は実は初めて。
しかもものすごく久しぶりにお会いしたのに、全くそんな気がしない。「やっほー」てな感じで気さくに声をかけてくれ、一気に気持ちが和む。素敵な方です。



リハは主に太鼓隊のみでやる楽曲2曲の稽古。
1曲は小泉アルバム「証」に収録されている、パーカッシブでメロディアスな曲。
「地打ち(ベース)好き」な3人が集まっただけあって、完成度高い。あとはこれに本番どれだけ3人の「うねり」が加えられるか。楽しみ。
もう1曲は拙作の太鼓曲を小泉フィーチャーで。「That`s和太鼓」的なこの曲も、大いに本番盛り上がりそうだ。
美穂さんと自分の登場シーンはさほど多くはないが、小泉ケンジ・ケンゾーとしての仕事を存分に楽しませてもらおうと思っている。このライブ、すごいことになりそうだ。まだまだご予約受付中。皆さんのご来場をお待ちしてます!!
 詳しくは 小泉謙一オフィシャルサイト

あ、そうそう、9月に小泉×はせのデュオライブも決定しました。詳細は後日発表。乞うご期待!


今回のゴールデンウィークは、公私ともに忙しく、充実した日々だった。
 5/1は富士宮市で、書家の志村雅芳さんと共演。この方のライブペイントとのセッションは、かなり萌える、じゃない燃える。
回を重ねるごとにパフォーマンスの熱量が高まっていて、体力も要するが本当に楽しい。志村さんとは秋にも共演の予定。


 師匠の現場「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」も、大好評だった。7月に同イベントのロシア版にも急遽出演が決定。来年以降の話も盛り上がっているようだ。しかし、国際フォーラム5000人収容のホールで、これだけ巨大なイベントのトリを飾るコンサートでソリストとして立派に務め上げる師匠は、やっぱりすごい。憧れの背中は、未だ遥か遠い。。。


 プライベートでも田植えをしたりバレエの発表会や「スギテツ」さん「coba」のコンサートを観たりと、充実した日々だった。ここから7月いっぱいまで、かなり多忙な日々が続く。ここんとこハマっている「レバニラ」をたんと食って、一気に駆け抜けてこう!!

(写真は先日手作りしたレバニラ。自分で作るとこんなに安くて美味いのか!と自画自賛。ほとんど食い終わった時に撮影)


 



 

「表現」に触れる。

おや、もう4月も終わりか!
なんと早いことか…。

GWは、5/1富士宮市での書家・志村雅芳さんとのコラボパフォーマンスに始まり、
東京での「ラ・フォル・ジュルネ」と、楽しみなステージが待っている。野外での演奏もあるので、好天に恵まれることを祈るばかり。


話は変わるが、

先日、急に思い立ち、どうしても観たくなった映画を観に、川越に向かった。
観たのは「DOGLEGS」という映画。
障害者プロレスをはじめて今年で25周年となる団体[DOGLEGS]を追ったドキュメンタリーである。

  強烈な映画だった。ただただ、強烈だった。
  生と生のぶつかり合い。自分の全てをさらけ出し、リングで「表現」する姿。
  感動とか、そういう次元を超えて、訳も分からず涙が溢れ続けていた。
  いろいろ考えさせられる映画でありながら、ダイレクトに本能に訴えかけてくる映画だった。
  上映していた「川越スカラ座」、ディーープなレトロ空間でした。
  映画は広島を除き上映終了。
  

この日もう一つ見たものがある。
川越から東京・銀座へ。
銀座エルメスのギャラリーで展示中の「YOKAINOSHIMA」。
ヨーロッパを中心とした様々な装束や「獣人(ワイルドマン)」を撮り続けている写真家、シャルル・フレジェの展覧会である。
  
  いやあ面白かった。日本全国、特に九州と東北のものが多かったが、
  「なまはげ」や「獅子」の装束、中には「これホントに日本?」と
  首をかしげてしまうような形状や模様のものもたくさんあり、刺激的だった。
  こちらは徹底的に飾り、身に付けることでなにかに「なりきり」、「憑依する」表現である。
  展示空間のデザインも素晴らしかった。
  エルメスの店内を通らないとギャラリーに行けない、というのは、俺的にはなかなかの
  試練であったが(苦笑)。
  こちらは5/22まで、GW中も休まず開館しているとのこと。


「表現のかたち」というのは本当に様々だなと、思った。
深い、そして面白い。



(川越市内にて ショーケースで昼寝する猫)


関連する記事

"GRANBEATS"はせみきたwebsite

     

categories

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

太鼓奏者・はせ みきた

profilephoto

selected entries

archives

recent comment

  • JICA隊員との交流
    MIKITA
  • ナントを散策
    MIKITA
  • 青雲ガチンコ、ついに本日
    MIKITA
  • 10月早し、11月熱し!
    MIKITA
  • 「森本バレエ」共演
    MIKITA
  • 「森本バレエ」共演
    中田雅美
  • 10月早し、11月熱し!
    タケ@沼津
  • 青雲ガチンコ、ついに本日
    miwa
  • ナントを散策
    中里
  • JICA隊員との交流
    puthiputhi

links

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM