灯火(ともしび)

 写真ではよくわからないと思うのだけれど、

一年の締めくくりに、折れたバチを燃やして供養。





闇に浮かぶこの無数の光が


自分たちが舞台で流した汗のようで


今年亡くなった多くの方々の魂のようで


家族団らんで大晦日の夜を過ごす家族の灯のようで


明けてくる新年への希望の光のようで


きれいで 暖かくて 儚くて いとおしくて


ずっと眺めていた



来年は、きっといい一年になる。
いい一年に、しよう。




締め@2011

風邪をひいてしまった。。。

暮れも押し迫るこの時期に!!

おととい一日中寝て過ごし、昨日は大分回復した様子で稽古場に向かい、元旦と1/27東京ライブの稽古を一日やったらば、再び熱っぽくなり帰宅して即布団へ。

今日はまたマシになったので、最低限の年越しの準備をして、明日の演奏に備えようと思っている。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今年は本当にいろんな事があった一年だった。

日本全体が揺れに揺れ、不安と混乱が今もなお錯綜する日々であるが、その中で「自分にとって何が本当に大切なのか」「自分のすべきことは何なのか」を、あらためて問い直す機会になったように思う。

我々の持つ思いやりの精神、助け合いの心がいかに日々の支えになるかを再確認した。
このことを常に心に念じながら、一人ひとりが今自分にできること、やるべきことにひたむきに打ち込むことが、世の中全体が活力に満ちた“豊かな”社会づくりにつながるのだということを確信した。

なでしこジャパンは、すごかった。
彼女たちの奮闘にどれだけ多くの人々が興奮し、パワーを与えられたか。
彼女たちに比べれば自分の力など微々たるものではあるけれど、それでも少しでも多くの人々に、生の音と生身の表現に触れてもらい、その心を鼓舞することができれば、と思う。

2011年、個人的には、大きな『挑戦』の連続だった。
かりん(25絃箏・うた)との全14公演の初ツアー、ダンスとのコラボレーション作品「儚氷秘話」の創作、そしてソロ公演・・・。

来年も多くの『挑戦』と『出会い』が待ち受けているはず。
期待と希望に胸膨らませ、あらたな一年の幕開けに臨もう。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


なーんて殊勝な心持ちも、健康な心身あってこそ。

はやいとこやること片付けて、英気を養いましょうー。

本年も一年、どうもありがとうございました。

みなさまにとって、実り多き2012年が訪れますように。


はせ みきた







本年最後のライブ。

もう、今年もあと10日。

あっという間、である。


明日は今年最後のライブ、しかも、土井さんとデュオ、である。

ここ1〜2年は、大分回数を重ねてきたおかげで、当日演目決め、ほぼぶっつけ本番のライブスタイルにも慣れてきた。今日は楽曲の練習というより、土井さんのタイムリーな音の「投げ掛け」に即座に答えられるよう、体を「戦闘モード」に武装し、今の自分の体の中に流れているリズムを確認するような稽古をした。明日がとても楽しみだ。

“二つの音塊” Duo Night
出 演:土井啓輔(尺八)、はせみきた(太鼓)
場 所:音や金時(JR西荻窪駅より徒歩5分くらい)
料 金:2300円


 
年明けは、師匠の舞台が立て続けで控えている。
まずは1/9サントリーホール「成人の日コンサート」で、尾上菊之丞さんとの『天真北斗』。

この曲は、団扇太鼓片手に下駄を履き、動きながら手で足でリズムを奏でる、異色の作品(作曲 林英哲)。
舞踊とのからみもあり、我々も単なる太鼓演奏ではなくフォーメーションとビジュアルに大いに気を使わなくてはならない、難しぃ〜演目なのである。
先日そのリハの際に譜面を見直していたら・・・(写真中ほどに注目)。



 



「たおれる」!!!

そう、そんなアイデアもあったのだ、はじめは(笑)。

結局この案はボツとなったが、作り込みの段階では、いろんな事を試しておるのです、僕たち(苦笑)。

そういった磨き上げを経てドラマチックな展開とみどころたっぷりのこの曲、来年2月の「林英哲演奏活動40周年記念コンサート」にて、さらなる演出を加え上演する予定。明日の「金時ライブ」と合わせて、ぜひぜひご覧いただきたい。




ようそろ 2012新春Live@南青山MANDALA

 年明け、最初の東京ライブ。

今回は、ゲスト上妻宏光!!
昨年・今年とずいぶんご一緒させていただき、念願ついに実現!!
ホットな夜になること間違いなしですぞ。

チケット販売始まっております。お求めはお早めに。


『ようそろ 2012新春Live @南青山MANDALA』

2012年1月27日(金)
南青山MANDALA
18:30OPEN  19:30START
SPECIAL GUEST:上妻宏光(津軽三味線)

詳細は ようそろWEBSITE http://yo-soro.net



帰国、その後・・・

 金曜日にアメリカより帰国。

その足で即刻吉祥寺へ。親交のある役者さんが出ている芝居を観に。

「念友・本能寺」という芝居で、ストーリーも、演出も、とても面白かった。
特に終盤これでもかと続く殺陣のシーンは、息を呑むような緊張感と興奮に包まれ、圧巻だった。

知り合いの役者・市瀬秀和さんは秀吉役。姿よし、声よし、殺陣のキレよし、素晴らしかった!
舞台、映画、声優としても大活躍の市瀬さん、来年はぜひ舞台でご一緒したいと願っている。

芝居は本日18日が千秋楽。最後まで怪我無くつとめられることを祈っております。



さて、時差ボケを感じる暇もなく昨日はようそろ稽古。
元旦の演奏と、1/27の上妻さんゲストのライブの構成を詰めた。


来年は、

より「メリハリ」を意識し

「ドラマチック」なステージを目指していこう。


稽古を終え、三島市のコミュニティラジオ「voice Cue」のスタジオへ。

12/24放送の番組収録。

パーソナリティの小坂真智子さんと、笑いたっぷり、和やかな雰囲気の中トークに花が咲いた。77.7MHz、11:20より『どんどんトーク』


しかし、帰国してみたら朝夕の冷え込みが厳しくなってるのにビックリ。
皆様、体調を崩されませんように。




アメリカにて

7日から、一人アメリカに来ている。

旅の全貌、経緯についてはいろいろわけアリで語りづらいところがあるのだが、とにかく今NYにいる。

盲目の太鼓打ち・片岡亮太(現在教育学?の勉強でコロンビア大学に短期留学中)君の好意で、彼のアパートにご厄介になっている。場所は、ハーレム。

昨日は、NYで30年近い歴史を持つ「僧太鼓」と、お隣ニュージャージー州の「法太鼓」合同のワークショップを開催。

彼らは本当に熱心である。そして、上手い。

彼らを指導するのは3回目(前回は2005年か?)。今回はベーシックな内容にとどまらず、舞台上での身のこなし方、日本人に特徴的な体の使い方、音楽的見地からの彼らの楽曲へのアドバイス、ステージングのポイントなど、かなり突っ込んだ内容も含め、盛りだくさんな4時間となった。

今日からNYを離れ、月曜コネチカット、火曜ニューハンプシャーで公演、のはずである。
とにかく、有意義な旅にしよう。

SDカードリーダを忘れ、写真をアップできないのが、残念。。。

「つ」へ。

 私用で、三重県に行ってきた。



沼津人としては、「津市」というのはなんとも、物足りない気がしてならないのである。






「つしんきん」

「はせみきた」ばりに、どこで区切る言葉なのかわかりづらい(笑)。






「『沼』がとれちゃってるよ」って感じ(笑)。






津と言えば「英哲風雲の会」のさわやかスマイル、“快適を極める男”、服部博之の拠点である。

着いて突然電話した(朝10時前。寝起きの声だった)にもかかわらず、時間を作って自宅に招いてくれ、昼食を兼ね軽く市内を案内してくれた。

ここのところ師匠の現場でも入れ違いが多くなかなか一緒になる機会がなかった服部氏だが、さすがは兄さん(1コ年上)、着実に地元での活動の地盤を固めておられました。人とのつながりを大切に、一つ一つの仕事を丁寧にやっている姿が目に見えるようだった。俺も見習わなければ。


近日中の再会を約束し、彼は伊勢市へ指導に出かけてゆかれました。


って、6日にリハで会うじゃん!


しかし、伊勢弁てのはなんともやわらかで、じわっと愛嬌を感じる言葉である。




師走を迎えて

おいおい、もう12月かい。


って、ただただ驚きうろたえるばかり・・・。

今年の夏以降は、本当に尋常じゃないスピードで時が経過していった。

目の前の事務仕事、来年の計画、年賀状。やること満載だが、来週はアメリカ行き。
ああ、ヤバい。。。


今日、さる方からこんな話を聞いた。


「アイデアと思いつきは、全く別のものである。」

なるほど、その通りだ。相手(あるいは自分)を納得させられるだけの根拠や戦略、道筋、その先に見えるビジョンなどが見えなければ、アイデアとは言えない。思いつきでは人や金は動かないし、動かせない。


もう一つ。


「個性とは持って生まれたものではない。いろんなものを学び、経験し、たくさん失敗し、自分を磨いて磨いた結果輝き出すのが、個性である。」

ほんとだ。その通りだ。努力せずに個性が光るはずなどない。個性を色濃く出せずに悩んでいるのは、自分の努力不足なのだ。あるいはそうやって悩み続けることも、個性なのかも知れない。


なんだか当たり前のことのようだが、厚みのある人の口から聞くと、重さも深さも全然違う。ただただ感服。

はせみきた、来年、3年後、5年後にむけて、じっくり考え自分を磨き込まねば。


ちょうど一年前のこの時期、「つきぬける」ということをひたすら考えていた自分を思い出した。




おねだり。「ギャラリー」みて下さい

ホームページの「ギャラリー」に、11/5つくばでのライブの際、滝原さんというカメラマンの」の方が撮ってくださった写真をアップしました。

とっても、素敵です。感謝。

ぜひともチェックを。

はせみきたホームページ

ホームページもこのブログも、yahoo検索「はせみきた」でいまだトップに出てこない。2ページ目3ページ目あたりにいるので、ファンの皆様、ぜひ各種検索エンジンを使って「はせみきた」を検索、そこからホームページ/ブログへとジャンプして下さいませ。

はせからのおねだりでございます(笑)。




 

心機一転

ソロ公演を終え、一息ついたところで気分転換、

ヘッダーの写真 差し替え。

さきの「和リーグヨーロッパツアー」中、ローザンヌの街中で撮影。

いい感じでしょ?

三味線・武やん、笛・みっちー、舞踊・胡蝶さんと行ったヨーロッパ。

2月に凱旋公演を企画中。

詳細は後日ということで。

乞うご期待。




関連する記事

"GRANBEATS"はせみきたwebsite

     

categories

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

太鼓奏者・はせ みきた

profilephoto

selected entries

archives

recent comment

  • さっそくトキメキましょう! 直近のオススメ公演
    うえお
  • 2019演奏告知もろもろ
    ねえや
  • 2019演奏告知もろもろ
    うえお
  • 充実
    石川幸彦
  • JICA隊員との交流
    MIKITA
  • ナントを散策
    MIKITA
  • 青雲ガチンコ、ついに本日
    MIKITA
  • 10月早し、11月熱し!
    MIKITA
  • 「森本バレエ」共演
    MIKITA
  • 「森本バレエ」共演
    中田雅美

links

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM