[BOK・SUI]ライブに向けて 刺激のシャワー

このところ運動中に肩に激痛が走ることがしばしばあり、おっかなびっくり様子見い見いで稽古は控えめに、8月の[BOK・SUI]、ズミ氏との東北ツアー、そして9月の大仕事に向けての資料や譜面作成の日々…。

その合間に良い舞台・良い音楽に触れて、創作や演奏への意欲を高めております。

 

21日は、静岡市の日本平野外劇場へ。

以前自分も出演させていただいた、ダンスカンパニー「K`sPro.」さんの公演を観に。

今年は完全なオリジナル作品で、平成の時代をダンスで振り返る趣向。例年素晴らしい舞台が見られるのだが、今年自分は特に、カンパニーを率いる森本京子さんの「すごさ」に打たれた。ダンサーとして、創作者として、指導者として、リーダーとして、その全てにおいて優れた方だからこそのこの公演。出演者はもちろん技術班、制作班の皆さんも一同京子さんが好きで、その舞台に関わりたいという熱意がいろんな形で伝わってくる。

音楽を一手に引き受けられていたヴァイオリンの中西俊博さん、終始素敵でした!

 

前後するが15日には笛と太鼓のデュオ「朋郎」ライブへ。内藤哲郎さんの精密機械のような両腕から放たれる正確で多彩な弾けるようなリズムの上で武田朋子さんの笛が踊る。ポップなサウンドが軽妙なトークと相まってとても心地よく、楽しい2時間だった。

哲郎さん打速がめちゃ速い。太鼓打ちの中でも打撃の繰り出し方で「パワー系」と「スピード系」に分けるとしたら(なんだか格闘技の話みたいだね)自分は結構なスピード系だと思っているのだが、哲郎さんのスピードは現時点で俺の知る中でトップかも。ストロークが短くてもしなやかかつ鋭いバチの振りで、音がでかい。

同じ「太鼓と笛のデュオ」でも[BOK・SUI]とは全然違う。聴き比べてみると、それぞれのカラーや音楽性というものがくっきりと見えてくるのではと思った。そんなライブがあっても面白いかも(興味ある人いますか?)。

 

というわけで、たっぷりの「刺激のシャワー」を浴びて、来る自身の舞台へのモチベーションもぐんぐん上昇中。まずは8月4日の[BOK・SUI]。今回はかなりストイックな内容となりそう。6月 に初披露した小曲集「胸中山水」や過去のライブ『陰陽の螺旋』で好評だった演目など盛り込み、一曲一曲、そしてライブ全体を通してドラマチックな展開を意識して構成。野太さと繊細さ、そして「情感」を大切に、我々ならではの表現をより前面に出していこうと思ってます。

ご予約まだまだ受付中です。ぜひ皆様お越しを!

 

8月4日(日) 12:00開場 12:30開演

南青山MANDALA(地下鉄外苑前駅より徒歩4分)

全席自由 ご予約3500円 / 当日4000円(+1ドリンク代)

【ご予約・詳細】は こちら まで。

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

関連する記事

"GRANBEATS"はせみきたwebsite

     

categories

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

太鼓奏者・はせ みきた

profilephoto

selected entries

archives

recent comment

  • さっそくトキメキましょう! 直近のオススメ公演
    うえお
  • 2019演奏告知もろもろ
    ねえや
  • 2019演奏告知もろもろ
    うえお
  • 充実
    石川幸彦
  • JICA隊員との交流
    MIKITA
  • ナントを散策
    MIKITA
  • 青雲ガチンコ、ついに本日
    MIKITA
  • 10月早し、11月熱し!
    MIKITA
  • 「森本バレエ」共演
    MIKITA
  • 「森本バレエ」共演
    中田雅美

links

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM