キト公演 レポート

 
エクアドル・キト公演、無事終了しました!

あとから大使館職員の方に聞いた話だが、当日2200席の会場は満席、立ち見も出てさらに会場に入れなかった人が200人以上いて、おしくらまんじゅうで会場の扉が一つ壊れたそうだ(笑)。
これだけの人々が押し寄せたのも、前回自分が来た2012年から、毎年「和リーグ」という形で日本の文化を紹介し続けてきた、プロデューサーT氏の実績とこの企画に熱心に取り組んできてくれた大使館の方々の苦労の賜物である。感謝と同時に、このプロジェクトに初回から関われていることが嬉しい。

第一部は壱太郎氏とのデュオ初舞台。お互い、がっぷり四つで白熱したねー。燃えた燃えた。
第二部は西本さんと現地オケの共演でチャイコフスキー交響曲第5番。着替えと体を休めることに費やし楽屋で聴いていたが、気合いと熱意のこもった響きがビンビン来た。
そして第三部「飛天遊」。

ところどころとっ散らかってしまう部分もあり、こころから満足できる演奏内容とは行かなかったが、大きな事故はなく、演奏後は2000人超の観客がスタンディングオベーションで応えてくれ、ホッとすると同時に熱いものがこみ上げてきた。

 今回「飛天遊」に取り組むにあたり、楽器やバチのチョイスから、譜面に書かれた音にどう表情をつけていくか、またオーケストラの中での所作、振る舞いに至るまで、アイデアと工夫、そして気遣いの詰まった師匠の演奏のすごさというものを、あらためて痛感した。「しっかりやってこい」と送り出して下さったことに、感謝の気持ちで一杯である。

終演後は大写真撮影大会。バラシを全て終えてホテルに戻ったのは、日が変わる直前だった。

一夜明けて本日は、午前中にオーケストラパーカッションのメンバーやその生徒対象のワークショップ、午後に明日の「日本祭り」で共演する、日本語補習講の子ども達との練習。そして夜は大使との夕食会。

現大使の小瀧さんとは、3年ぶりの再会。文化行事に本当に熱心に取り組んでおられる。小瀧大使あってこその、今回の公演の大成功である。
前回もそうだったが、一行一人一人に向けてのメッセージを俳句にしたためてプレゼントして下さった。何よりのプレゼントだ。

明日の日本祭り。演奏とワークショップで、盛会に華を添えたい。楽しんでこよう。

今回は写真はなし。また次回に。



コメント
キト公演のご成功、おめでとうございます!
(迷子になってたタイコが無事に見つかり、ホッとしました)

会場に入りきれないくらい大勢の方が会場に集まったこと、
演奏後2000人超の方たちからのスタンディングオペーション…
とにかく「素晴らしい!」の一言に尽きますね。

コンサート以外にも様々な催しに参加されるようで、
お忙しいスケジュールが続くのでしょうが、
体調を崩されないよう気をつけて、引き続き楽しんでくださいね!
  • URI
  • 2015/07/19 1:42 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

関連する記事

"GRANBEATS"はせみきたwebsite

     

categories

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

太鼓奏者・はせ みきた

profilephoto

selected entries

archives

recent comment

  • JICA隊員との交流
    MIKITA
  • ナントを散策
    MIKITA
  • 青雲ガチンコ、ついに本日
    MIKITA
  • 10月早し、11月熱し!
    MIKITA
  • 「森本バレエ」共演
    MIKITA
  • 「森本バレエ」共演
    中田雅美
  • 10月早し、11月熱し!
    タケ@沼津
  • 青雲ガチンコ、ついに本日
    miwa
  • ナントを散策
    中里
  • JICA隊員との交流
    puthiputhi

links

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM