かりん×はせみきた東北ツアー vol.3@陸前高田


1127

陸前高田は、雪がちらつくというか、途中吹雪に近い風と雪が舞うような、寒い一日だった。



会場の「りくカフェ」は高台の中腹あたりにある。11時からの演奏。その前に、海辺の平野部、いわゆる「津波で消えた街」エリアへ向かった。



工事車両が絶え間なく行き来している。がれきの撤去はほとんど済んでいるようで、その仕分け、そして新たな土木工事があちこちで始まっているように見受けられる。



市役所や消防署、大きなショッピングセンターなどは、意図的に?当時の姿そのままに残されている。

確かに、これらを見ない限り、知らない人が来たら今の状況は、ただの真っ平らの土地、埋立て地かなにかにしか見えないかもしれない。



市役所玄関には、無くなった方への供え物、復興への決意、外からの励ましの声などが、強い海風に飛ばされそうになりながら必死に踏んばっているかのようにそこにあった。

衝動的に「相馬土つき唄」を、精一杯の柏手(かしわで)とともに唄った。海風に飛ばされそうになりながら、必死に唄った。




「りくカフェ」の中は、あたたかく、コーヒーのいい香りが立ちこめ、和やかな笑い声に満ちたとても居心地の良い空間だった。

地元の方、カフェのスタッフさん、たまたま遠くから視察?にこられていた企業の方、報道関係の方達と、ライブもその後のティータイムもアットホームな感じで楽しいひとときだった。



震災後「人々が集いゆっくりくつろいで会話を楽しめる場所を」ということで立ち上がった地元の奥樣方のボランティアで、このカフェは運営されている。

中心人物の吉田さんが、ライブ後に車で市内を走りながら被害状況、復興作業状況を説明してくれた。


吉田さんは、「これから」のことを話す。

会話の中に、多くの問題提起が示されていた。

これらを解決していくのは、本当に大変な作業だと思う。

でも、やる。できることからやる。吉田さんの目は強くそう物語っていた。

その力強さに胸打たれ、勇気をもらった。

俺にもきっとできることがあるはず。



まずは、このツアーをまっとうしよう。

多くの人達に助けられて実現したこの旅の中で、少しでも多く知り、届け、語りつないでいこう。


まだまだ旅は続く。







コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

"GRANBEATS"はせみきたwebsite

     

categories

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

太鼓奏者・はせ みきた

profilephoto

selected entries

archives

recent comment

  • さっそくトキメキましょう! 直近のオススメ公演
    うえお
  • 2019演奏告知もろもろ
    ねえや
  • 2019演奏告知もろもろ
    うえお
  • 充実
    石川幸彦
  • JICA隊員との交流
    MIKITA
  • ナントを散策
    MIKITA
  • 青雲ガチンコ、ついに本日
    MIKITA
  • 10月早し、11月熱し!
    MIKITA
  • 「森本バレエ」共演
    MIKITA
  • 「森本バレエ」共演
    中田雅美

links

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM