【2020公演情報】その他いろいろ編

前回に引き続き、年明けの公演告知。

自主企画ライブ以外の出演公演のご案内です。

 

来る年末年始は、なかなかの「鬼スケ」でありまして…

31日大晦日は、大阪・堺にて「カウントダウンコンサート」に英哲風雲の会として出演。

からの、夜走りで沼津にとんぼ返り、元旦は地元のショッピングセンター「サントムーン柿田川」にて恒例の「新春和太鼓ライブ」。本年に引き続き、小泉謙一とのデュオで午前中に2ステージ。つまり年をまたいで24時間中に3ステージ(苦笑)。キツいわ。。。

翌2日に大阪に舞い戻り、3日はこれまた恒例、大阪森ノ宮ピロティホールにて「林英哲太鼓の会コンサートスペシャル」。2年連続で実現が叶わなかった「林英哲&山下洋輔デュオ」が、今年こそやっとお送りできる…はずです!(笑)。

4日に沼津千本プラザ入り、5日同会場にて、我が太鼓教室『UTSU-LA(ウツラ)』発表会を開催します。

「ようそろ」時代から続けてきた従来の三島教室に加え、新たに沼津教室を開設、「UTSU-LA」と名を変えて、4年。幅広い年代の男女(圧倒的に女性が多いが)が、長年にわたって取り組める趣味・習いごととして太鼓を選び、仲間とともに和気藹々と稽古に打ち込んできた経過・成果を発表する場である。沼津教室についてはまだまだ拙い技術ではあるけれども、各自自分なりの目標と課題を掲げて、特別な会場での、多くの人前での演奏に臨む。三島教室生は今回、自らの演奏のみならず、沼津教室生のサポートも務め発表会全体を支える役目がある。本番が近づくにつれ、受講生の目の色が変わってくるのがわかる。本番自分の出演はわずかだが、自分のコンサートよりはるかに緊張し、疲れるのは明白である(笑)。みんな、ガンバレ!

 

すこし空いて11日は、以下の公演。

1月11日(土)新春邦楽「和っしょい」@カメリアホール

昨年の初ライブから大好評をいただいている「笛と太鼓の四人囃子」ライブ。

次で9回目となる新春邦楽公演「和っしょい」に呼んでいただいた。ゲストは民謡歌手の木津かおりさん、太神楽師・鏡味味千代さんのナビゲーションという豪華キャスト。今週金曜にリハだが、レパートリーにいろいろ新しいアレンジを加えてみようと思っている。この公演は、盛り上がりますよ〜。

 14:30開場 15:00開演

 亀戸文化センター カメリアホール(亀戸駅より徒歩2分)

 全席指定 前売り3500円 当日4000円

 詳細は こちら

 

 

というわけで、年末からの2週間は超濃密。ここを乗り切れるようにしっかり体を作って、事前の下準備をしっかりしとかなくてはってことで、ここ最近随分いろいろと作りものに勤しんでおりました。それについてはまた次回。

 


【2020公演情報】自主企画ライブ編

ずいぶんとブログ更新が空いてしまいました…その間、ボーッとしてたわけじゃなくあれこれ作ったり整理したり考えたり…ってそりゃみんなそうだわな。

 

あれこれ振り返りたいこともあるが、まずは先のお話、公演の告知をば。

 

年明け、公演が過密です。

まずは自主企画ライブ二本の宣伝。

 

2月1日(土)「音魂夜会2020」@スターパインズカフェ

前半は独奏約40分、後半は世界を股にかけ飛び回る超人気ピアニスト・林正樹氏とのデュオという激アツライブ。

このところソロへの意欲がふつふつと湧き上がってきた。どうやら周期があるようだ。

自分との対話、太鼓との対話。

一人でずっと舞台に立ち続けるのは心細いし、今回もきっと自分の頼りなさを痛感することになるのは目に見えているのだが、それでもやりたいと思う、この気持ちはなんなのだろう?やることによって、答えは見つかるのだろうか。

ピアノ・林さんとの共演は何年ぶりか。ヒジョーに楽しみである。

過去の共演曲「Japamenco」や「きざし」に加えて英哲師匠と山下洋輔さんの代表的バトル曲「ボレロ」にも挑戦する。巨匠たちのデュオとは違った一面が出せればなと思っている。

このライブ、必見です。ぜひ。

  18:00開場 18:30開演 

  吉祥寺スターパインズカフェ(吉祥寺駅より約300m)

  全席自由 前売り3800円 当日4300円(+1Drink)

  詳細は こちら

 

 

2月15日(土)「独奏夜会」@沼津ラクーン

こちらは、完全独奏です。

自分との対話、太鼓との対話に加え「空間との対話」がテーマとなる。

会場となる沼津駅前のラクーンビルの8階は、長らく「沼津の顔」だった「西武百貨店」が七年前に閉館となり、それ以来コンクリートや鉄骨がむき出しのまま時の流れから置き去りにされたような、無機質な『箱』である。

 この空間で、木質楽器の親玉・和太鼓は、何を震わせ、何を語るのか…

何もない空間ですが夜景だけは最高です。これだけでも一見の価値あり。

来られる方はぜひ防寒対策を。あ、椅子とトイレはあります(笑)。

  18:00開場 18:30開演 

  沼津ラクーンビル8F(JR沼津駅南口より徒歩2分)

  全席自由 前売り3000円 当日3500円

  [前日2/14にプレ公演あり、19:30開演 2000円

  詳細は こちら

 

上記2公演、はせみきたの「挑戦」を詰め込みます。ぜひご来場ください。

(写真は沼津ラクーン8F)

 


夏が来る!

例によって、あっという間に今年も半分過ぎましたな…。

2019年上半期の末〜下半期幕開きは、[BOK・SUI]の静岡ライブ2daysと英哲師匠のサントリーホールコンサートで、先のブログで述べた通り目一杯「タイコウチ筋」と「ヒョウゲンシャ筋」を酷使する日々だった。

[BOK・SUI]のライブは初日の沼津は演奏もMCもなにやら浮き足立って落ち着かない感じになってしまったが、二日目の静岡ではがっつり地に足つけて、新演目の挑戦も十分手ごたえを感じることができた。8月の東京ライブに向けて、さらにブラッシュアップした内容にしようと反省会もしたので、来月の南青山MANDALAをお楽しみに。

サントリーホール「英哲音楽会(おんがくえ)供廖師匠まさに「渾身」の演奏だった。

内容が百戦錬磨の「飛天遊」に数々の「名勝負」を繰り広げてきた山下洋輔さんとのデュオということで、これまでの数々のスペシャルコンサートと比べれば舞台に上がる前段階の心持ちとしてはかなり落ち着いた、穏やかな様子だった。新作の太鼓アンサンブル曲はなかなか曲が上がってこず周囲はドキドキだったが、きっかけをつかんでからは一気に曲が仕上がり、あとは実際舞台(いた)の上で試すのみという状態での会場入りとなった。が当日会場入りしてからのリハーサル、段取り等の入念な最終チェックで一気に緊張感が高まり、その張り詰めた空気が見事なまでに本番で解放され、ものすごい音楽がホールを満たした。本番に向けてのメンタルの持って行き方まで、まさに「一流の仕事」だった。またしても「やられました」。。。

 

さて、強烈なスタートを切った2019下半期、ワタクシもがんばりますっ!

今月は教室「UTSU-LA」の生徒さんと沼津で2つのイベントに出演。来月は[BOK・SUI]東京ライブに始まり、風雲の会として東京・福井でイベント出演に某TV番組収録、さらに盟友・小泉謙一との10日間の「東北二人旅」と本番目白押し!

東北の旅は3年ぶり。これまで何度かお邪魔してお世話になっているところに加え、はじめての青森もありヒジョーに楽しみだ。訪れる地に暮らす人々に会いに行くのはもちろんだが、我々を追っかけて東北まで足を伸ばそうというファンの方の参戦も、大歓迎ですぞ。

 

上記のスケジュール、詳細は ホームページ をチェックいただきますよう。

 

今年の夏は大いに忙しくなりそう。ケガなく病気なく、実り多き夏となるよう、コツコツと準備にあたっております。

野外でのイベントも多いので、好天に恵まれますようお天道様にもお祈りせねば。

(写真は先日、稽古場で空を見上げたら偶然目にした日暈(?))

 

 

稽古場解体も、あと1日で終わりそう!

 

 

 


さっそくトキメキましょう! 直近のオススメ公演

はや2週間が経過したが、新時代がスタート。

GWからしばらくはお正月気分の延長のようだったが、考えてみれば2019年はすでに半ばに達している。ボーッとしてると、あっという間に1年が終わってしまいそうだ。

大人になると1年があっという間に過ぎていくのは、「日々の暮らしの中でトキメキ(=感動)がどんどん減っていくから」と、チコちゃんが言っていた。トキメキ、失いたくないですねぇ〜。

 

というわけで…

トキメキを感じたいアナタのために、ライブの告知です(笑)。

 

以下、近々のライブ情報。

 

 ⭐ ⭐ ⭐ ⭐ ⭐ ⭐ ⭐ ⭐ ⭐ ⭐ ⭐ ⭐ ⭐ ⭐ ⭐

 

5月23日(木)

「笛と太鼓の四人囃子Live vol.2」

笛と太鼓という非常にシンプルでありきたりな編成、と侮ることなかれ!

超骨太なサウンド、4人それぞれの個性が光るレパートリー。昨年のライブ大好評につき、第2弾を決行。

 出演 小泉健一、朱鷺たたら、はせみきた、山田路子

 会場 吉祥寺スターパインズカフェ

 時間 19:00 open / 19:30 start

 

5月25日(土)

「林英哲コンサート in 沼津」

本年の「ラ・フォル・ジュルネ(フランス&東京)」で大好評だった楽曲群と、昨年没後50年を迎えた画家・藤田嗣治をテーマにした林英哲の《美術家シリーズ作品》第5作「レオナール 我に羽賜べ」のスペシャルプログラムでお送りします。英哲ワールド全開の“トキメキ満載”コンサート。

 出演 林英哲、英哲風雲の会(上田秀一郎、はせみきた、田代誠、辻祐)

 会場 沼津市民文化センター

 時間 17:00開場 / 17:30 開演

 

6月22日(土)、23日(日)

「BOK・SUI Live 2019 - 静岡編 -」

はせみきた・朱鷺たたらによる新感覚ユニット「BOK・SUI」。

「水墨画のように、気品ある大人の音楽を」をモットーに活動、ライブを重ねるごとに新たな挑戦を盛り込み、このデュオならではの音楽を追求しています。

 22日 沼津市・千本プラザ

 23日 静岡市・LIFETIME

 時間 13:00 開場 / 13:30 開演

 

各公演の詳細・ご予約お申し込みは

 はせみきた公式ホームページ まで

 

 

東京・静岡それぞれで最高にゴキゲンな公演!開催間近です。

ご予約・お申し込みは大至急!!

 

 

 

 

 


2019演奏告知もろもろ

師走に入り、バタバタしていて更新が滞ってしまい…(いつものことか 苦笑)。

 

本年中にもう一回くらいはブログ更新することを目指して、今年一年を振り返る記事はその時に…

ということで、今回は来年の予告をば。

 

元旦は毎年恒例の「サントムーン柿田川」にて開店10時から新春ライブ2ステージ。今年はなんと「小泉謙一」とのデュオ!元旦早々白熱のステージになりそう。お近くの方は是非。

そして3日はこれまた恒例の大阪・森ノ宮ピロティホールでの「林英哲新春コンサート」。

ゲストとして出演予定だった山下洋輔さんが怪我のため出演見送りが決定、師匠と風雲4名で、本年フランスで大好評だった公演と同内容のプログラムをやります。本年の師匠欠場に続きお客様に残念な思いとご心配をおかけして申し訳ありませんが、5名で精一杯舞台を努めますので、どうぞお楽しみに。

 

そしてそして、3月1日は…

コンサート「風の章」東京公演。

 

6月に沼津で行ったコンサートが非常に好評だったので、同内容で東京でも開催しようということになった。

ループマシンを使い、動きを取り入れ、SEほか演出も工夫して…と、これまでにない試みを随所に盛り込んだ内容。

このところ6月の公演の音源を度々聴き込んでいるのだが、我ながら「なかなか良い内容だ」と思う。

静かな驚きあり、ゲスト小濱氏との丁々発止あり、ムーディーな曲あり、太鼓尺八それぞれの音色にどっぷりと浸れるシーンあり…。

でもまだまだブラッシュアップしたい点も多々見つかった。

もっともっとお客さんに「伝わる」演奏が、流れの組み立てができるはず。

年をまたいで「幻想風景曲集・風の章」の練り直しが進行してます。3月、深川江戸資料館への皆様のお越しをお待ちしてます!

 

 

春以降のライブ計画も、ぼちぼち練っております。

来年もディープで充実した1年にしたいな、と思っております。

変わらぬご声援を、心よりお願い申し上げる次第。なにとぞ。


スケジュール9月10月

これから始まる様々な本番に向け、リハ・稽古が立て込んでいる。

皆さんにお越しいただける公演、非公開の公演、遠くてちょいとキビしい公演等いろいろですが、自分の脳ミソを整理する意味も込め、二ヶ月分の公演について情報公開〜。

詳しくは、ホームページをチェック願います。

(詳細未公開の公演情報も、近日中にアップします!)

 

9月

 11日 御殿場市内の小学校にて公演

 18日 沼津千本プラザの秋のイベントにて、レクチャーコンサート&ワークショップ

 20日〜26日 チーム英哲でウクライナ公演

 30日 ライブ@沼津千本プラザ

10月

 1日 ライブ@静岡LIFETIME

 3日 土井啓輔さんとライブ@西荻窪音や金時

 13日 林英哲ソロ活動35周年コンサート@サントリーホール

 15日 英哲風雲の会として真言宗豊山派「千響」コンサートに出演@久喜

 17日 チーム英哲として広島県福山市にて学校公演

 25日 [BOK・SUI]ライブ@サラヴァ東京

 

 


[BOK・SUI]ライブ、迫る

 

あっという間のゴールデンウィークでしたな・・・。

 

昨年に引き続き、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」に出演。

今回は風雲の会として「モノプリズム」一曲に渾身を込めて参加。

期間中はいろいろ気になる公演を見に行って新たなアイデアが生まれたり、GW最終日には地元沼津での落語の公演に足を運んだり(柳家喬太郎さん、最高だった!)と、仕事しながらもたっぷり充電、充実した日々であった。

その間も大工さんはせっせと稽古場建設作業を続行。5月中には完成か。ドキドキ。

 

 

さあそして次なるライブはいよいよ、

新ユニット[BOK・SUI]立ち上げライブ!

 

昨日は、たたらさんとのリハ。

スタジオを6時間押さえていたのだが、トントンと順調にリハが進み、正味4時間ほどで終了。

いつになく写真を撮る余裕までありました(笑)。

少々ネタバラシになりますが…

今度のライブ、楽曲のラインナップも曲中も、緩急とメリハリに富んだ内容となりそうだ。

アドリブで攻めるシーンももちろんあるが、二人とも「つくりこみ」の好きな質なので、作品としての完成度も高いものになるよう、取り組んでいる。

ライブ中、お客様が「お!」って思ったり、「ハッ」としたり、前のめりになったりのけぞったりしそうな「仕掛け」をちょいちょい盛り込んだ…つもりである。

東西ヨーロッパの匂いがする曲、神隠しをテーマにした曲、異世界に誘う曲…

BOKSUIワールドを、共に旅しましょう。

 

5月14日(日)

南青山MANDALA

13:00スタート

詳細は コチラ


年内ラストと年始初弾のお知らせ

本日、静岡の夕方情報番組「とびっきり静岡」に、ワタクシちょろっと映っていたらしい(笑)。

書家・志村雅芳さんの紹介コーナー中、昨年?今年?(わすれた)共演した時の映像が使用されていたようだ。

その志村さんと、今週末ご一緒します。

 

富士宮浅間大社にて、富士宮青年会議所主催のイベント「宮美の燈(みやびのあかり)」に出演。

大社境内に数千のキャンドルが灯り、ライトアップされた楼門前にて、志村さんの書と、盟友オバマ氏の尺八、そして太鼓のコラボレーション(19時から)。

17時からは本殿内にて奉納演奏。こちら、大社が世界遺産に登録されて以降本殿内での演奏は、東儀秀樹・長渕剛両氏に次いで3人目だとか(笑)。ネタとして最高ダネ。

そしてこのイベントが、国内での今年最後のライブとなります。

お近くの方も遠方の方も、どしどしご来場くだされ。入場無料!でも防寒対策忘れずに。

 → 詳細は 

 

 

そんでもって年明け一発目は、恒例の元旦「サントムーン新春ライブ」。

駿東郡清水町のショッピングプラザ・サントムーンの開店と同時にライブ開始、お昼過ぎまでに2ステージという元旦からヘヴィなお仕事。

昨年に引き続き、30年来の太鼓仲間、沼津出身で東京拠点に活動中の太鼓打ち・土屋智明とのデュオ「UNITE-KISE」として出演します。詳細は後日ホームページで。

 

 

今朝の地震と津波、まったくひとごとと思えなかった。

12日の朝、気仙沼で震度4を味わった。店内の商品が落下した郡山、津波が押し寄せた沿岸部、行ってきたばかりのところだ。

再び大きな揺れが来ないことを切に願う。そして、日頃の備えの大切さを、再認識。

皆様も、くれぐれもご用心。

(写真は、気仙沼市南部の大谷地区の漁港にて)

 

 


青雲ガチンコ、ついに本日

昨晩、9月後半のレポートを書き連ねていたのだが、途中でバタンキュー(泣)。

なので10月アタマに総括します!

 

何はさておき本日は、

ついにやってきた!小泉謙一氏とのガチンコデュオ!!

 

おかげさまで前売り分予約は『完売』との様子。

… カ・ン・バ・イ …

あぁ、なんと心地よい響き。。

みなさま、誠にありがとうございます。

 

出会って16年、初のデュオ。

お客様の期待度も高いということか。

そのプレッシャーはちょいと隅に置いといて(笑)

今日は、目一杯楽しませていただきます。

 

 

乞うご期待!

 

 


9月きたる

おお、もう8月も終わりか。

でも気づけば心なしか夜は過ごしやすくなってきたような…。

予想もつかぬ台風の動きで、甚大な被害を被った地方の方々、心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、先週は猛暑の午後に横浜市内の某小学校の体育館での風雲ミニパッケージ公演(田代・辻・はせ)。

頬がこけるほど大量の汗をかきかき、全力でのぞませていただいた。お客様も暑かったでしょう、お疲れ様でした!保育園時からお年寄りまで幅広い年代の方が楽しんでくれたようで、よかったよかった!!

 

 

そしていよいよ、地元裾野市でのコンサート開催まで2週間を切った。

昨日は実際の会場で、リハーサル。

コンパクトなホールは、どこからでもよく見えるし太鼓の生音の響きが良い。

友情出演してくださる、地元の五竜太鼓さんもリハに合流。

五竜さんとの共演は1曲のみだが、大迫力のハードな1曲となりそう。お楽しみに!

 

 

明日から始まる9月、師匠の現場・学校公演も合わせて8本計10ステージの公演が控えている。怒涛の月だ。

まずは6日静岡市での、林正樹氏とのチャリティコンサート。

ここだけの話、「ボレロ」やります!

師匠&山下さんのものすごい大迫力デュオには及ばないかもしれないが、一味違う「高揚感」をお届けできればと思っている。

 

 

というわけで明日からの9月、濃密に、有意義に乗り切りたい。

気合だっ!!

 

 

 

 

 

 



関連する記事

"GRANBEATS"はせみきたwebsite

     

categories

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

太鼓奏者・はせ みきた

profilephoto

selected entries

archives

recent comment

  • さっそくトキメキましょう! 直近のオススメ公演
    うえお
  • 2019演奏告知もろもろ
    ねえや
  • 2019演奏告知もろもろ
    うえお
  • 充実
    石川幸彦
  • JICA隊員との交流
    MIKITA
  • ナントを散策
    MIKITA
  • 青雲ガチンコ、ついに本日
    MIKITA
  • 10月早し、11月熱し!
    MIKITA
  • 「森本バレエ」共演
    MIKITA
  • 「森本バレエ」共演
    中田雅美

links

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM