合宿。

土日、今日と3日間、ようそろコンサートに向けての合宿稽古であった。
会場は掛川の、岡田が拠点としている「さくら咲く学校」。

この3日間で内容はほぼ固まり、楽曲/演出の細かいディティールまで詰めていくことができた。
14日にはスタッフも集まり、テクニカルな面もさらに煮詰めていく。
実際に舞台に上げるまでにはまだまだ道のりは遠いが、少しずつ形になっていくのはやはり嬉しい。
充実した3日間だった。


さて、岡田の拠点「さくら咲く学校」であるが、
良いところである。

例によってあまり写真を撮って来なかったのだが、
こんな感じ。



いわゆる、元「学校」である。
山間の学校で今は廃校になってしまったが、校舎はそれなりに大きく体育館も立派である。
おかげでのびのび稽古させてもらった。

近くに510円で入れる温泉はあるし、図書室(今は地域に開放された図書館になっている)はあるし、至れり尽くせりである。
その図書室で、ドラマにもなった半沢直樹シリーズのひとつ「ロスジェネの逆襲」を発見、読破。
面白かった〜。
ドラマはまったく見なかったが、あの痛快な逆転劇に、みなスカッとしていたわけだ。
しかも結構勉強になったゾ。


しかしこの3日間、打った打った!
肘に若干違和感がある。養生しなければ。


稽古後、ラジオ収録。


28-29と、ようそろの稽古。

内容が、一通り出揃った。産みの苦しみは、ひとまず終了かな。
ひと月以上前にこの状態までこぎ着けられてるというのは、なかなか上出来である。
ここからは各曲のクオリティを高め、全体の流れを整え体に叩き込んでいく作業だ。
このところ記憶力の低下?を感じているので(笑)、苦労しそうだ。。。


昨日は稽古終了後、足早に三島の市街へ下りエフエムみしまかんなみ[VOICE CUE]へ直行。
5/2の番組でコンサートのことを紹介してもらうための収録。

これまでも何度かラジオ出演の経験はあるが、今回は初の「男性パーソナリティ」。
ざっくばらんに話ができたし、スタジオの中に何となく「部活」的な空気感を感じて、
(リラックスしてるんだけど、「出遅れちゃいかんぞ」的な気負いというか…)
収録後のかすかな疲れが、心地よかった。

パーソナリティ・眞野さんの「二人にとって太鼓とは?」という質問に、相方・岡田が「道標(みちしるべ)」と言っていたのが、印象的だった(ミョーに連呼してたな 笑)。


5/2放送 20:00から
VOICE CUE 77.7MHz
「Music Next」
インターネットラジオでも試聴できます。





つくりこみ真っ最中!

 
6月のようそろコンサートに向け、内容づくりの真っ最中である。


定番レパートリーのクオリティを一段引き上げる稽古、新曲づくり、まったく新しいアレンジ、そして全体の流れの構築…。

ある意味自分たちのウィークポイントに向き合い、それを改善していく作業な訳で、なかなかに苦しい。
産みの苦しみも、ある(曲は、そう簡単に降ってきてはくれないのだ。う〜)。

逆に、何年も演奏してなかった曲が、今の二人がやるとこんなことにできるのかという発見があったり、相方から思いもつかなかったアイデアが飛び出してきたり、ソロでは味わえない、デュオだからこその緊迫感やスリルを感じると、面白いなあと思う。

コンサートとしての、岡田と二人だけの舞台は、実に6年ぶりである。
過去の我々を知っている人も、今回初めて目にする人も、
「うわ、なんかコイツらスゲーぞ」
と思ってもらえるような、驚きと新鮮さのあるステージにしたいものだ。


あとひと月と少し。
とことん練り上げていこう。
ぜひ皆さん、会場に足を運んでいただきたい。遠方の方も、沼津へいらっしゃい!


さて、そんな産みの苦しみの最中、気晴らしにくだらん動画をとったので、
暇で暇でしょーもない人は、ご覧になって下さいませ。
https://youtu.be/YKp33KDfUYk

写真は、稽古場からの富士山。



ヘブン@上野公園レポート

 
ひさびさのヘブンアーティストパフォーマンス。


楽しかった〜。
そして疲れた〜。


初の上野公園・すり鉢山前という場所は、
広い木陰があってスペースも広いし、とても我々向けの場所だった。
人通りも多く、大勢の方の目にとまったようだ。


なかなか盛り上がったね。
ようそろ常連さん、学生時代の同級生、同業者仲間、身内の面々にも会えて、嬉しかった。

「ストリートパフォーマンス」ということで、通常のライブ等の内容とは異なるものをやっている。(はじめて見たという方、普段はもっとマジメな太鼓をやっとります、はい)

つまりこれ専用の演目をこしらえ、演出を練り稽古をしているわけで、なかなかに手間がかかっているのであります。。。
さらに「ストリートパフォーマンス」だけに、ギャラは

投げ銭。

さて昨日の実入りは・・・



なんと、1億円!!
これだから芸人はやめられまへんわ〜。


感謝。


タイコ担いで、上野公園

 
「タイコ担いでどこへ行く」明日は・・・


ようそろ @上野公園!
すり鉢山前にて 11:00/13:00の2ステージ


ヘブンアーティスト向けのパフォーマンス内容は、
・なるべく大音量を控える
・使用楽器の数を、極限まで減らす
ということを念頭につくる。

そう、運搬がかなり大変なのだ。
上野公園内は車両乗り入れ禁止。
マジでタイコ担いで運ぶのだ。

今回は上野公園内「すり鉢山前」という、初めての場所でのパフォーマンス。
そのため搬入経路や周辺の様子、近隣の安い駐車場などの綿密なリサーチが必要なのである。リハより重要(おっと失言)。

先日浅草宮本卯之助商店さんでの打ち合わせ後、公園に足を運び現地調査。

「すり鉢山前」とは、東京文化会館のま裏にあたる場所であった。
階段のない最短搬入経路、発見!

シンボル、西郷サマへのご挨拶も欠かさない。

ついでにうまいラーメン店チェックもしておいた。
アメ横脇道にあった豚骨系のお店、ふらっと入ったのだが、俺の中での「濃厚/くどい」「そそるにおい/クサい」のギリギリ瀬戸際を攻められた感じで、まさに絶妙、素晴らしかった!
(俺は比較的あっさりめ派)

近くの格安コインパーキングも、ネットでチェックした。
ちょっと距離があるから、自転車を積んでいこう。


つうわけで、明日はタイコ担いで、上野公園!!
天気良さげだし、みんな、遊びにおいで〜。


おっと、あとは日焼け対策だな。





岡田寛行『独歩』のお知らせ

ようそろ の相方・岡田寛行のソロ公演が、来月掛川市にて行われます。

太鼓ソロライブ「独歩」 
出演者:岡田寛行(和太鼓)
 2012/10/19(金) 18:30開場 19:00開演
会場:春林院



詳細はコチラ→ http://taikook.hamazo.tv/e3772648.html

「この、太鼓を打ち、語る。」そうな。
お近くの方、ぜひふるってご参加下さいませ。



核 − core

1年9ヶ月ぶりの完全デュオライブ『核 − core』第5弾、終了。

ご来場下さったお客様、ほんとうにどうもありがとうございました。

ライブ後バラシ/積み込みを済ませ、隣のお店でアルコール抜きの軽い打ち上げをして(ヒジョーにうまかった!)帰路についたのだが、予想以上にくたくたになっておりバタンキューで爆睡。

今回の内容を組み上げ、各曲を仕上げていくのに、実は結構苦労してまして。。。

12年間も「少数精鋭」でやり続けてきて(笑)、いろんなものも見え欲も出てきて、より高みを目指していくようになったものだなと、終わってみてしみじみ思ったりした。

ともあれ、手をかけた分の手応えを実感できるライブとなったのでは、と思っている。
ここから新たなようそろの側面が生まれるに違いない。

お客様も「少数精鋭」だったが(苦笑)、ここに集まってくれた「コア」な方々と共有する時間そのものが、まさに ようそろ の『核』なのだろう。
コアな時間を共有できた皆さん、ほんとにありがとう!

次回は1年後か、はたまたもっと後か、意外とすぐか?
未定ですが、どうぞお楽しみに。









 

本日、弁天

先週から、PC、携帯ともに原因不明の故障。

携帯は修理(データすべて消去)、PCはOS再インストール(つまりデータすべて消去)。

悲しすぎる・・・。

稽古や打合せに追われネット環境の修復をしてる余裕もなく。。。

気づけば、今日「弁天」ようそろライブではないか!


ようそろライブ『 核 − core 鶩 』
会場:LIVECAFE 弁天(丸ノ内線新中野駅より徒歩2分)
時間:開場18:00 開演18:30
料金:3,000円(プラスドリンクチャージ¥500)


お昼くらいに静岡出発の予定。
天候が芳しくない。予報では東京も良くないようで。
常連さんからは「嵐を連れてこないように」との警告が(苦笑)。


とにもかくにも、皆様のご来場を心よりお待ちしてます。
お気をつけて。



PS. 内容は相当にホットな感じに仕上がってまっせ!


 

ライブ『核 − core』について

台風、ものすごかったっす。。。


今週末は静岡でのライブ3本立てでありますが、、、
今日は7/7に控えた東京でのようそろデュオライブについて語らせていただこうかと・・・


 
太鼓Duo・ようそろの、二人だけのライブシリーズ『核 − core』。

ようそろの原型であり、最もシンプルで我々のカラーと技量が丸見えのライブ。



今回の内容はというと・・・

いつも通りの2セット(入れ替えなし)、それぞれ4〜5曲。


ではあるが、


今回は前半と後半ではっきりと空気を変えたプログラムにしようと思っている。
新曲は1曲のみ。
これまでの楽曲に大幅に手を加えたり、昨年からの東京ヘブンアーティストのパフォーマンス演目を取り入れたりする予定。



我々のように、二人とも太鼓の「デュオ」といっても、さまざまな見せ方、演じ方があると思う。

・役割をはっきり分ける
・一糸乱れぬユニゾンを聴かせる
・息の合ったコンビネーション
・バトル/仕掛け合い
などなど・・・

太鼓特有の迫力や高揚感、デュオならでは、ライブならではの丁々発止のやりとりをより感じてもらえる内容を目指して、稽古に取り組んでいる。

お互いのソロ活動の中で培い育てつつある個々のカラーも、少しずつでも色濃く出せればと思っている。


このライブに向けての我々のモチベーションは、相当なもんです。

ぜひ、皆さんに見届けていただきたいと思ってます。


ようそろライブ『核 − core鶩』@LiveCafe弁天
詳細は ようそろホームページ→http://yo-soro.net/

(写真は何の意味もありません)



「音楽のタネ」→ 中東準備


「音楽のタネ」 

非常に気持ちよく演奏させていただいた。

昼の部の中高生向けのレクチャーコンサートは予想以上の盛り上がり。元気で明るく熱心に我々の演奏・パフォーマンスを楽しんでくれていたようだ。客席から舞台に上がって一緒に太鼓を打ってみる「体験コーナー」では、自ら手を挙げて参加してくれた。終演後関係者の方々に「子どもの食いつきが違う、乗せるのがうまい、さすが」と褒められた。このところ学校公演を数多くやらせていただいている賜物か、まったく気負わず構えずできたのがよかったのかも知れない。とても楽しい時間だった。

夜の部はトップバッター。

「ようそろ囃子」からスタートという珍しい構成で、山田路子嬢との共演も含め多彩なパフォーマンスを見せられたのではと思っている。客席にようそろのコアなファンの方の顔を発見。遠方からのご来場、ありがとうございました。

フィナーレは主催側の意向で「出演者全員で『ふるさと』をぜひ」ということだったので、僭越ながら自分が進行/演出のとりまとめをさせていただいた。

リハーサルは当日昼の部と夜の部の間30分間のみで臨んだ本番だったが、皆さんのスキルの高さで滞りなくよい雰囲気にまとめられたのではと思う。協力してくれた出演者の皆さん、短時間でしつらえを整えてくれたスタッフの皆さん、そしてご参加下さったお客様に感謝。


さて、いよいよ明日から中東。

いつもの海外出発前に比べると、今日オフで明日の出発も比較的ゆっくりめなので、余裕である。パッキングは既に完了。

今回自分に課したツアー中の勉強の資料/道具の取り寄せ、お供の本も購入。そして、メガネをゲット。

実はかなり視力が悪く、普段はコンタクト(ハード)を常時着用。帰宅後メガネに替えるのだが、数ヶ月前にフレームが割れ接着剤で補修しながらだましだまし使っていた。さすがに自分がかわいそうになり、これを機に新調した。



ちょっと冒険。ピンクは新機軸である。

もっとも、ほとんど人前でメガネをかけることはないと思うが。




 


関連する記事

"GRANBEATS"はせみきたwebsite

     

categories

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

太鼓奏者・はせ みきた

profilephoto

selected entries

archives

recent comment

  • JICA隊員との交流
    MIKITA
  • ナントを散策
    MIKITA
  • 青雲ガチンコ、ついに本日
    MIKITA
  • 10月早し、11月熱し!
    MIKITA
  • 「森本バレエ」共演
    MIKITA
  • 「森本バレエ」共演
    中田雅美
  • 10月早し、11月熱し!
    タケ@沼津
  • 青雲ガチンコ、ついに本日
    miwa
  • ナントを散策
    中里
  • JICA隊員との交流
    puthiputhi

links

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM